前回、
「真鍮メッキのつもりが銅メッキになっちゃった。」
という、オチがつきました。

あれから、いろいろ調べてみたんですが、
「合金のメッキは単純にはいかない」
ってことが判りました。

真鍮は、銅と亜鉛の合金なんですが
銅と亜鉛とでは、析出電位が違うため
単純に酸に突っ込んで電流流しただけじゃ
銅(または亜鉛)しか析出しないということです。

で、本業のメッキ屋さんでは、
この2つの金属の析出電位を合わせるために
錯化剤というものを使います。
で、この錯化剤として毒性の強い「シアン化物」を
溶液に入れると合金のメッキが出来る「らしい」です。

「らしい」というのは、
資料を読んでいてもなんだかやたら小難しいので、
いつの間にか斜め読みになっちゃうのね。
だから、たぶんこんな事だろうって訳です。

なんだかいい加減な記事ですまんこってす。

で、このシアン化物以外にも、もっと毒性が低くて、
簡単に入手可能な錯化剤もあるらしいんですが、
その他にも、液の濃度や温度、撹拌の有無とか
いろんな条件をそろえなきゃいけないみたいで
簡単にはいきそうもないんですね。

それに、金属が溶け込んでいると思われる
廃液の処理にも困りそうなので、
このへんでやめとくことにします。

と、いうことで
サンポールメッキは早々と挫折です。

おしまいです^^;

line


随分放置しちゃいましたね
広告が焼き付いちゃったかも^^;

んで、久々の実験はサンポールメッキ

って言ってもサンポールを
メッキするわけじゃないっすけどね(笑)

more...

line


もう少々くたびれてきましたが、
ちょっとだけおまけです。

アルコールと水を混ぜてみます。

more...

line


かなりベタですが、
アセトンがだめならラッカー薄め液じゃぁ~

って訳で
『ラッカーうすめ液』で薄めまする。

more...

line
IMG_1882.JPG

レザークラフトではお馴染みの、コニシ ボンドG17であります。
工作なんかでももちろんお馴染みですよね。

乾燥が早く便利なのですが、
紙の上などに出した分がどんどん固まってしまうので、
すごーく無駄も多いですよね。

それに、少々粘度も高すぎる様な気もします。

そんで、ちょっと薄めてみることにしました。

もちろんメーカーからも、
コニシ ボンド Gうすめ液Z 1kg 1缶

コニシ ボンド Gうすめ液Z 1kg 1缶
価格:1,302円(税込、送料別)


なるものが発売されてます。
(それにしてもスゴいネーミング、
カ○○○○Xみたいでちょっとエロい^^;)

まぁしかし、わざわざ買うのももったいないっすよね。
なにせ1kg(笑)

そこで.....


more...

line
line
まとめ

line
押すの自分だけだろな
line
どうせ買うなら今ここで^^
line
カテゴリ
G17 (3)
line
書いてるのはこんなヤツ
名前:吉田
種別:おっさん
特技:知ったかぶり
性質:いろいろ始めるくせに
大概の物は中途半端で終わるorz

Author:吉田
FC2ブログへようこそ!

line
おすすめ商品
line
最新記事
line
最新コメント
line
.
line
sub_line
広告です。
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
(敬称略ですみません)
line
sub_line