スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「カタメール」その1

カタメール

「カタメール」と「かもめーる」は似てるよね。

カメラケースを作るために買った「グローブレザー」
http://syoshikura.blog65.fc2.com/blog-entry-13.html
ですが、結構柔らかいんです。
まぁ、柔らかく加工された革なんですから
柔らかくて当然なんですが....

型絞りにするにはちょっと柔らかすぎる気が
するんですよね。

これは、試しに絞ってみたときの画像

グローブレザーの絞り

っていっても画像じゃ分からないんですけどね^^;

んじゃ硬くしてやろうじゃんかってことで
買いました「カタメール」。

ブッツケ本番で失敗するのもいやなので
どのくらい塗るとどのくらい硬くなるのか
試してみたのです。

で、まずは説明を。

カタメール説明

塗り方はともかく、
「薄める場合は変性アルコールで」なんて
書いてありますが、この「変性アルコール」っていったい
なんざんしょ。

筆とか容器も洗わなきゃならないので
そろえておきたいんですよね。

で、調べてみると、
エタノールに、アセトンとかその類のものを混ぜて
飲用できないようにしたアルコールなんだそうです。

エタノールって要するにお酒ですから、
掛かっちゃうんですよね、酒税が。

それで工業用として酒税が掛からないようにするために
飲めないように混ぜ物をしたものが
「変性アルコール」と言うことのようです。

税金が掛からないようにするために
わざわざ何か混ぜるなんて、
なんてナンセンスなんざんしょ!

まぁそれは、ともかく。

「変性アルコール」が、混ぜ物をしたエタノールなら
純粋なアルコールであるエタノールなら代用できるわけですね。

代用っていうか、こっちが本家なんですからね。

早速薄めてみます。

無水アルコール

無事薄まりました。
筆もきれいに洗えます。

この「無水アルコール」は文字通り100%の
エタノールなんですが、ちょっと高価なんですよね。

もっと安い「消毒用アルコール」ではどうでしょう。
ついでなので確認してみます。

消毒アルコール
※画像は混ぜる前のものでした^^;

「消毒用アルコール」は2割ぐらいの水が混ざっています。
(その方が消毒の効果が高いんだそうです)

ですから、これを混ぜるとカタメールが
固まっちゃったりするかな?ってちょっと期待?
してたんですが、特に何も起こりませんでした。

これじゃ面白くないので
直接、水道水をまぜて見ました(←執拗な性格)

水を入れると白濁

白濁しましたね。ヨカッタ....
なんて喜ぶ必要はないんすね。

でも、この白濁。しばらく攪拌していたら無くなって
また透明になりましたが、さらに水を加えて攪拌したら、
白濁が消えなくなりました。

この「カタメール」ある程度の水分は許容できる
みたいですね。

まぁしかし、変質のリスクを抱えてまで
「消毒用アルコール」を使うまでもないので
素直に「無水アルコール」を使うことにしますね。

なんだか、長くなっちゃったので
次回に続きます。

line

comment

Secret

こんにちは

いよいよ、オリジナルのカメラケースに挑戦ですね。
黄色?革の色良いですね。
私はナチュラルばっかり購入してるんですが、次回作る時は色が付いてるのを購入してみよう!

カタメール?革を硬化させる薬品ですか?知りませんでした。^^;
革細工扱ってる店に売ってるんですかね?

昼行燈さん

黄色い革、如何にもグローブでしょ?

もちろん、本当はナチュラルがいいんですよ。
でも失敗する可能性が高いので、
とりあえずは、安い端切れで我慢なのです。

カタメールは通販で買いましたが、
トコノールと同じSEIWAの製品なので
どこでも手に入ると思いますよ。

あっかーんwww

たしか吉田さん、カタメールの実験してたよなー。。。
と、思わず読みふけってしまったら、笑える笑える!

そうよ、これだから、ポチっして逃げてたんだったわー!
2度読んでも、爆笑!!

あーっ、今日の腹筋運動、おしまーい♪

maidenさん

ん? どの辺に笑いの壺が?
まさか、かもめーる?

わりあい真面目な記事だと思うんですがね^^;

ところで、このカタメール。

塗っているというよりは、吸い取らせるって
感じになっちゃって、
そのあげくに吟面のシミ・ソバカスになりました。

だから、筆とかじゃなくって
少し薄めて霧吹きでスプレイしたら
如何なものかと、
心密かに考えております。

おはよございますー♪

えっ?。。。とー。。。

変性アルコールから水までの実験をしている過程の説明が。
私にとっては「さくらももこ」並みに笑えるの♪

でね、このカタメールの実験を見て、私は透明のカタメールを買って来たの(*^^)v
(他人の失敗から学ぶ嫌なヤツ)

透明の方は、表裏両方から塗るって書いてあるんですよ。
塗ると、ちょっと色が濃くなるって書いてあったけど、実験してみたら、気になる程でも無かったのね。

そのうち記事にする予定っす(。・ω・。)ノ

maidenさん

>でね、このカタメールの実験を見て、
>私は透明のカタメールを買って来たの(*^^)v
>(他人の失敗から学ぶ嫌なヤツ)

いやいや、そのためのシェアですから
こんなしょうもないネタでも、有効活用していただけるなら
なんでもOKですよ。

>透明の方は、表裏両方から塗るって書いてあるんですよ。

あ゛~、ホントだ。改めて調べてみたらそう書いてありますね。
それなら「染み出す心配」はまったくないしw。

この記事書くときにもいろいろ調べたんですけどね^^;
その時は、天然樹脂か合成樹脂かの違いしかわからなかったので、
そんなら、天然の方がいいや、ってこっちにしたんです。

透明なら、水溶性だから扱いも簡単だからいいっすよね。

それにしても、
トホホ人生まっしぐらって感じだな、僕は(爆)

おこんばんは♪

いやいや、吉田さんの真摯な姿勢は素晴らしいですとも!

なので、”トラックバック”のやり方が分からなかった私は、
URLの埋め込みで、しょっくのぱーを掲載させて頂きました♪

トラックバックする、を押したら、記事の頭に訳分からん文字の羅列が入ってしまって、ビックリし過ぎて、思わず消してしまいました。

それでも、確認してみたら、ちゃんと狙った記事に飛びましたーヽ(*⌒∇⌒*)ノ


。。。と、事後報告で、えろすんまへん!

maidenさん

記事リンクしていただいてありがとうございます。
事後でもなんでも結構ですよ。
これからもじゃんじゃんやってください^^


おはよございますー♪

昨日、よく私のコメ欄に来ているKaoruちゃんから訊かれたんですけど。

吉田さんのカタメールは、かなり硬くなりますか?

透明の方は、革が薄いのもあるかと思うんですけど、
カチカチといった感じでは無いんですよねー。
こう。。。雑巾を洗って干して置いた程度の硬さって言うのか。

彼女は夫婦で鳥の写真を撮るので、ゴッツイカメラやレンズのケースを作っているんですね。
だから、興味津津だそうです(笑)

maidenさん

>吉田さんのカタメールは、かなり硬くなりますか?

う~ん、主観的なのですが...

短冊に、吟面に染み出すほど塗った時は
「乾燥した昆布」みたいな感じだったかな。

染み出さない程度に塗った時は、
「硬くなった」って喜べるほどではなかったです。
(わかんないね、コレじゃ^^;)

でも、問題は....

カメラケースも出来たばかりのころは、
結構硬かった気がするんですが、
使っているうちに柔らかくなっちゃった
ってことです。

中途半端な塗り方だったので、
使っているうちに揉まれて、樹脂の結合力が
寸断されちゃったって感じでしょうか。

最初から、吟面に染み出すのを覚悟で
大量に染み込ませて硬くすれば、
揉まれることもないでしょうから
柔らかくなることもないかもしれません。

もともと硬いヌメ革に塗るとどんな具合に
なるかはわかりませんが、
革とカタメールだけでレンズケースに必要な硬さに
するにはキビシイ気がします。

それから、カメラケースのかぶせのところですが、
カタメールを塗っらケバケバも硬くなって、
ざらざらになっちゃったので、
トコノール+磨きを2回やったら、
曲がらなくなってこまりました。
(今は柔らかくなっちゃったけど)

だから、揉まれないようなところは
トコノールの厚塗りでも結構いけるんじゃ
ないかと思っています。

なんだか、あいまいな回答ですみませんね。

Kaoruさんにもよろしくお伝えくださいましね。

ありがとうございます!

やっぱり、その時は硬くなっても、
揉まれているうちに柔らかくなってしまうんですね。

おそらく透明の方の感触と一緒なんだと思います。
指先で曲げてみたら、簡単に柔らかくなりそうな感触。

トコノールは、縫って磨いた時は硬くなった様に感じるんですけど、あっという間にヤワヤワになります(^_^;)
やっぱり、中に1枚革を貼った方が硬さが保てるようですね。

彼女には、コピぺして送っておきます!
ありがとうございます(。・ω・。)ノ

maidenさん

>トコノールは、縫って磨いた時は硬くなった様に感じるんですけど、あっという間にヤワヤワになります(^_^;)

おーそうでしたか。

また、失敗記事増やしちゃうとこでした。

ありがとうございますた。

おはよーございます♪

Kaoruちゃんから、

「こんな私のためにも親切にお答え下さって、
どうもありがとうございます。」

とメールが届きましたので、
ここに書き込ませて頂きますね(*^_^*)


。。。そうか、吉田さんの失敗記事を
見逃してしまったか。。。しまったな!www

maidenさん

>「こんな私のためにも親切にお答え下さって、
>どうもありがとうございます。」

いえいえ、こちらこそ。
僕がわかることでしたら、なんでも聞いてください。
恋の悩みから相続の悩みまで。

line
line
まとめ

line
押すの自分だけだろな
line
どうせ買うなら今ここで^^
line
カテゴリ
G17 (3)
line
書いてるのはこんなヤツ
名前:吉田
種別:おっさん
特技:知ったかぶり
性質:いろいろ始めるくせに
大概の物は中途半端で終わるorz

吉田

Author:吉田
FC2ブログへようこそ!

line
おすすめ商品
line
最新記事
line
最新コメント
line
.
line
sub_line
広告です。
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
(敬称略ですみません)
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。