「コースター」その3

糸と蝋と針

ようやく縫います(^^;)
画像は、「ハンドソーイングセット」
入っていた 糸と蝋と針です。

で、まずは糸に蝋引きするザンスね。

蝋引き

どのくらいやればいいのかわからないので
糸がピンってするぐらいにしました。

まぁ多くても少なくても大して問題には
なりゃぁせんでしょう。

続いて針の準備。
説明書どおりに、糸を割ってくぐらせました。

でも、もうちょっと絞ったほうがよかったみたいね。

針の準備

で、いきなり縫っている途中。
(最初のところの写真を撮り忘れたのでつ)

縫い途中

縫いは進みます。
単調な作業を淡々と進めるのも時には
楽しいものですね。

鼻歌歌ったり♪独り言ぶつぶつ言いながら(笑)

レーシングポニーがわり

で、ワークを固定するのに、
レーシングポニー(やたら足の速い子馬じゃないですよ)なる
道具があるようですが、もちろんそんなもの
持っていませんので、ボール盤のバイスで代用しました。

あるとないとじゃ大違いですが、
バイスの取っ手に、糸がやたらと引っかかって
結構イラつきます。

レーシングポニーって構造は簡単なので
そのうち作ろうかな。

まぁ、それはともかく、
作業は続き、一通り縫い終わりました。
ヤレヤレ。

縫い完了

これは表面で

表

こっちは裏面ね。

裏

まぁなかなか上手くいきました
(と、少なくとも本人は思っています^^;)。

でも後で確認してみたら、世間の一般的な縫い目とは
裏表が逆みたいっすね。
表がジグザグ、裏がまっすぐな縫い目になるのが
正しいみたい。

でも、主観的には真っ直ぐな縫い目が見えるほうが
好きなんだけどなぁ....
強度に差がないなら、これでもいいよね。

基本的に自分用のケースやなんか作るだけだから、
ここはひとつ「俺様流」ってことで行きましょうか。

と、言う訳でようやくコースター完成です。

最初は、

「コースターなんて言うとかっこいいけど
四角い革の周囲に縫い目つけただけじゃんか。」

な~んて思ってましたが、

出来てみると結構うれしくて、ちゃんと使ってみたりしてます。

完成

 ところが後日、練習と、「どういう理屈で
ジグザグになったり真っ直ぐになったり
するのかの確認」を兼ねて、縫いを追加したので
なんだか縫い目だらけのコースターに
なっちゃいました。











line

comment

Secret

始めまして、こんばんは。

毎回、ブログ拝見させてもらってます、私も革細工に興味を持ち始めてから1年ちょっと経ちましたが革細工は奥が深く悪戦苦闘しております。
私も始めはセットを購入して付録に付いている革細工を制作して今日に至ってます。
縫い目ですが表がジグザクで裏が真っ直ぐが用いられてますが、私は真っ直ぐを表にしてます、真っ直ぐの方が好きだからですが、革細工を長く行ってる人でも真っ直ぐを表にしてる人も多々おりますので然程気になさらなくても御自分が良いと思えばそれで良いと思いますよ。

昼行燈さん

コメントありがとうございます。
しかも当ブログ初のコメント、すごく嬉しいです。

昼行燈さんも、「真っ直ぐ」が表なんですね。

記事の中では「俺様流」なんて、偉そうに
言っていますが、僅かばかり縫っただけで、
セオリーを無視するのもいかがなものかと、
少々気にしていましたので、アドバイス
いただけてよかったです。

どうもありがとうございました。
ボチボチ更新していきますので、
また覗いてやってくださいね。



line
line
まとめ

line
押すの自分だけだろな
line
どうせ買うなら今ここで^^
line
カテゴリ
G17 (3)
line
書いてるのはこんなヤツ
名前:吉田
種別:おっさん
特技:知ったかぶり
性質:いろいろ始めるくせに
大概の物は中途半端で終わるorz

吉田

Author:吉田
FC2ブログへようこそ!

line
おすすめ商品
line
最新記事
line
最新コメント
line
.
line
sub_line
広告です。
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
(敬称略ですみません)
line
sub_line